What's JT Piazza

 
 
 

 2代目ピアッツァは1991年10月に登場した。型式JT-221Fに因んでJTピアッツァと呼ばれる(初代はJRピアッツァ)。イタル・デザインのジウジアーロの手による初代のデザインに対し、2代目はいすゞ自動車の自社デザイン。JTピアッツァ、GMシボレーブランド用に開発されたGEO Storm(日本名PAネロ)のFFコンパクトコンポーネンツを使って仕立てられたスペシャリティクーペで、はっきり言ってしまうと2代目FFジェミニクーペの豪華版あるいは高級版。(正確に言うと、GEO Stormの姉妹車として開発されたアメリカ輸出仕様のインパルスをベースとしている)。

 JTピアッツァは、セミリトラクタブル方式の丸目4灯フロントかマスクが個性的。エンジンは1.8ℓの直4のDOHC150馬力。インテリアはほとんどFFジェミニクーペと共有だが、より高級に仕上げられている。レカロシートやモモのハンドル、BBSのアルミホイールなど身に着けているものは一級品。ニシボリックサスペンションシステムと呼ばれる4WSを装備し、足回りのチューニングをロータスが担当した。グレードは上級181XE/Sとベースの181XE。181XE/Sには、BBS製15インチアルミやカセットオーディオ、オートクルーズコントロールが備わる。しかし、初代ほどの評価も話題も得るには至らず、いすゞはこのモデルを以ってSUV以外の生産をすべて休止すると発表、2代目にして最後のピアッツァとなった。

  
1.「広場」なのに、「群れない」?
 
 「ピアッツァ」Piazzaは、イタリア語で「広場」を意味する。
 イタリアの都市にはどこへ行っても、その街を象徴する美しい由緒のある広場があり、それから連想されるイメージには、明るさ、楽しさ、くつろぎ、そして人々の出会い、集い、語らい、仲間、等等。それらの連想から車と人との結びつきの意味がJRピアッツァのデビュー時のネーミングにはこめられていた。

 しかし、JTピアッツァのカタログでは、「群れない」が使われる。人が集まる=群れる、ではないが、何やら自分自身を否定しているような。他メーカーとのライバルたちとの差別化を狙ってのことであると推測されるが、2代目になる頃にはネーミングに込められた意味も忘れ去られてしまった、ということか。

 

 

モデル 181XE(MT_1.8) 181XE(AT_1.8) 181XE/S(MT_1.8) 181XE/S(AT_1.8)
メーカー希望小売価格 \1,899,000 \1,992,000 \2,250,000 \2,343,000
(東京地区/車両本体)
型式 E-JT221F E-JT221F E-JT221F E-JT221F
駆動方式 FF FF FF FF
ドア数 3 3 3 3
全長 (mm) 4225 4225 4225 4225
全幅 (mm) 1695 1695 1695 1695
全高 (mm) 1315 1315 1315 1315
ホイールベース (mm) 2450 2450 2450 2450
最低地上高 (mm) 145 145 145 145
トレッド前 (mm) 1430 1430 1430 1430
トレッド後 (mm) 1405 1405 1405 1405
乗車定員(人) 4 4 4 4
車両重量 - AT(kg)   1140   1160
車両重量 - MT(kg) 1100 - 1120 -
最小回転半径 (m) 5.3 5.3 5.3 5.3
サスペンション前 ストラット ストラット ストラット ストラット
サスペンション後 ストラット ストラット ストラット ストラット
ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク ベンチレーテッドディスク ベンチレーテッドディスク ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後 ディスク ディスク ディスク ディスク
タイヤサイズ前 205/50R15 205/50R15 205/50R15 205/50R15
タイヤサイズ後 205/50R15 205/50R15 205/50R15 205/50R15

 

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー