Piazza in United Kingdom

   

 

   
 


 UK輸出のきっかけ

 UKへの輸出は、提携先のGM社の販売網を使わずに、独自の販路開拓によって行われた。販売されたピアッツァはXEターボをベースにしたもののようだ。

 1983年10月28日から11月8日に開催された東京モーターショー(晴海)に訪れた英国フォレット社首脳からいすゞに直接、ピアッツァの輸入の申し入れがあり、両者間で交渉が進められてきた。このニュースは、「GTS誌」の1983年11月号で、"Will Britain Get the Impulse"で紹介されているらしい(未見)。

 1985年4月に英国フォレット社(本社ロンドン)との間で、同社の販売網を用いてピアッツァの販売を行うことに合意。フォレット社はジャガーやポルシェを扱う高級車専門ディーラーで、同社と合意した内容は、1986年度に600台、2年後に2,000台と順次輸出を増やす、また、ピアッツァのために新たな専用の販売チャンネル(イスズ・カーズ・グレート・ブリテン ICGB?)を開設する(日本経済新聞 1985.4.3朝刊)、というものである。

 日本からの輸出が開始される前に何台か、香港経由でUKに輸入されたようである。「Motor誌」 1984年5月16日号では、香港から1983年8月に輸入された欧州唯一のピアッツァを借用して行われた試乗記が掲載されている。

 ピアッツァ(ターボ車)のUKへの初お披露目は、1985年10月17日から開催された(ロンドン) Earls Court Motorfairである(「Car」 1986.2等)。開発担当M氏の回想によれば、プレスデイにはいすゞの向かいにあったスペインSEATのブースにジウジアーロ氏が現れ、いすゞ側に呼び込んでピアッツァのパンフレットにサインをしてもらったりした、という。また試行錯誤の中でのイギリスでの認証試験が語られている(『光芒 : いすゞ乗用車開発の軌跡』)。

16 Nov. 1985

 

 


1985.10.2
 


1986.2.5
 


      UK版の本カタログ
  



 

 英国に1985年12月から輸出開始。1986年2月から現地で販売が開始された。月間販売目標台数は150台。英国への輸出規模は1985年年内が600台、1986年は1,800台(「日本経済新聞」 1985.12.23朝刊)。

■ ピアッツァの評価 (「Motor誌」 1985.11.16)  *5段階評価

Performance 4 At the Wheel 3
Economy 2 Accommodation 3
Transmission 5 Visibility 4
Handling 4 Instruments 4
Ride Comfort 3 Heating and Ventilation 3
Brakes 4 Finish 3
Noise 3 Equipment 5

 結論: It is no exaggeration to say that the Piazza is more overtly European in character than
            any other Japanese car sold in Britain. 

 

  

■ トラブル発生!!

  輸入・卸売会社ICGBが円高による輸出価格の上昇で経営不振となり、銀行管理下に入ったため、1986年12月に富士重工業や韓国・現代自動車の輸入を扱うインターナショナル・モーターズ社(本社バーミンガム)と新たに契約、販売体制の立て直しを図ることになってしまった。インターナショナル・モーターズ社は従来のいすゞ車販売網の一部を引き継ぐとともに、傘下のスバルUK車の販売網でピアッツァとトルーパー(ビッグホーン)を取り扱う(「日本経済新聞」 1986.12.9朝刊)ことになった。

  雑誌広告

 

 実は、この騒動はそれだけで終わらなかった。上記の広告は英国の日曜高級紙「The Sunday Times」の1987年1月25日号に掲載されたものである。管財人により売りに出されたピアッツァは、ロンドンの有力自動車ディーラーのAlan Day and B & H Motorsによって、新車値段12,850ポンドより約4,000ポンド値引きして、8,995ポンドで安売りされた。以下は同紙に掲載された事の顛末が掲載されている。うるさいエンジンはご愛嬌と言ったところか。

 There's a bargain in the Piazza

 The newly-imported Isuzu Piazza is to be marketed here next month, but the bankrupt stock on sale at Pound8,995 through two London dealers, Alan Day and B & H Motors of Finchley, is a worthwhile bargain at Pound 1,000 cheaper. The same car, picture left, with air conditioning and cruise control, was retailing at Pound 12,850 before Isuzu Great Britain went into receivership last month.  

   Day outbid International Motors, the West Midlands group which imports Hyundai and Subaru, for 534 Piazzas sold by the receiver,  International Motors, which took over the British Isuzu franchise and is backing the old importer's warranty, will be asking Pound 9,999 for new models available in February and Pound 10,998 for those with automatic transmission. 

  The Piazza was created for the 1979 Geneva Motor Show by Giorgio Giugiaro, but Volkswagen turned down his design. 

  VW's loss was Isuzu's again. Isuzu had the Piazza in production by 1981 with a stock turbo-charged two-litter engine. It is a stylish well-equipped car with a lively turn of speed (130 mphg and a superb gearbox, but indifferent fuel consumption (22-rough 24 mpg) and rather a out of and noisy engine, sleek character with its appearance. That said, at pound 8,995 the Piazza is a very good buy.

 The Sunday Times 25 (Jan. 1987)

 

  

 handling by LOTUS投入 

 1986年12月、いすゞは英国のグループ・ロータス・パプリック社と10年間の提携契約を結び、同社からの技術コンサルテーション、いすゞからの新型エンジン供給など相互の協力を進めることになった。1987年2月4日基本協定に調印された(『いすゞ自動車50年史』)。その共同開発の第一弾がhandling by LOTUS、ロータス仕様車の投入である。ロータス仕様車のコンセプトは「ヨーロッパ(世界)に通用するGTクーペ」であった。開発にはタイヤメーカーのグッドイヤー社も参加したが、英国(欧州?)向けのロータス仕様車には同社のEagleが装着された。下記は、英国のコレクターから送ってもらったピアッツァのカタログ写真。

 ところで、野田篤司さんの英国文化考を読んでいて気付いたのだが、英国におけるフォーミュラー・レースの入門であるフォーミュラー750には、後輪はリジットと言う規程があるそうである。となると、後輪がリジッドのピアッツァのチューニングは、ロータス社が得意とするところであった。

 1987年10月のロンドン・モーター・ショーで欧州向けのロータス仕様車が発表された(「ベストカー」 1988.6.26)。その後、1988年2月に発売開始された(「Autocar & Motor」 1992.3.25)。ただ、2代目のJTピアッツァが英国及びヨーロッパ諸国で販売されなかったところを見ると、数千台の販売実績だったのだろう。

   イギリスでピアッツァを所有する人のHP

 

Piazza in UK Magazine

Car  1981.7  Newcomers: Isuzu Piazza

GTS 1983.11  Scoop Isuzu Impulse – Style by Giugiaro, the Isuzu Impulse is Japan’s most attractive sports Coupe. And it goes on sale in Britain in early 1984! Exclusive report by David Sumner Smith  

Motor  1984.5.16   first drive of the Isuzu Piazza

Fast Lane  1985.9  Isuzu Piazza Turbo

Autocar 1985.10.2  New Cars: Isuzu Piazza

Motor  1985.10.5  The Isuzu Piazza paves the way for Isuzu

Motor  1985.11.16   Star Road Test: Isuzu Piazza – This stylish Coupe is a newcomer to Britain from Japan’s oldest manufacture. First test of the turbocharged Piazza

Car 1986.1 Newcomers: Isuzu Piazza

Motor Sport  1986.1  Isuzu Piazza Turbo

Peformance Car  1986.1  Impressions: Isuzu Piazza Turbo

What Car?  1986.1  Isuzu Piazza Turbo

Fast Lane  1986.2  Isuzu Piazza Turbo

Car  1986.2  Giant Test: Isuzu Piazza Turbo vs Toyota Celica GT vs Honda Prelude 2.0i-16

Peformance Car 1986.2  Isuzu Piazza Turbo is Road Tested Honda Prelude 16V Twin Cam Reviewd

Autocar 1986.2.5  Road Test of the Isuzu Piazza Turbo

Autocar 1986.4.?  Road test of RX7 against Prelude,Celica,Porsche 924, Nissan 300ZX and Isuzu Piazza

Fast Lane 1986.4  Isuzu Piazza Turbo v Honda Prelude v Toyota Celica

What Car?  1986.6  Toyota Celiva vs Isuzu Piazza vs Honda Prelude vs Nissan Sylvia

Autocar 1986.10.15  Isuzu Piazza Turbo

Autocar  1987.3.4  Group Test: Take Five Coupes (Audi Coupe 2.2GT, RX-7, Starion, Celica, Piazza Turbo)

Motor  1988.1.30  Isuzu Piazza Turbo from Lotus

Car 1988.5  Newcomers: Isuzu Piazza

What Car?    1988.5   New cars: Isuzu Piazza Turbo  

Performance Car 1988.6   Impression: Isuzu Piazza Turbo

Performance & Tuning 1988.12  Isuzu Piazza Turbo

Which Car? Special  Sportscars 1989   Isuzu Piazza

Car  1991.12  Isuzu Piazza

Redline Magqzine  1999.12  Best 10 rear - wheel drive, mercedes 190, Sierra Cosworth, Toyota MR2 mk1, Alfa Romeo 75, Carlton Gsi, BMW E30, Porsche 944, Vauxhall senator, Isuzu Piazza, Lotus Excel 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しく輸入されたいすゞ広場は来月ここに出荷されることになっています、しかし、2人のロンドン・ディーラー(FinchleyのHモータ)、アラン・デイおよびBによるPound8,995の販売中の破産したストックは、より安いPound1,000の有益な契約です。いすゞイギリスが先月管財人の職に入る前に、同じ自動車(残された絵)はエアコンディショニングとクルーズ・コントロールで、Pound12,850で小売りしていました。デイ、国際モータよりも高い値をつける、ヒュンダイとSubaruを輸入する西の中部地方グループは、Britishいすゞのフランチャイズを引き継ぎ、年を取った輸入業者の保証を支持しているレシーバー(国際モータ)によって売られた534人のピアッツァのために、2月に利用可能な新しいモデル用のPound9,999、および自動変速装置を備えたもののためのPound10,998を尋ねるでしょう。

 The Sunday Times  SUN 25 JAN 1987

 

 

 

 

 

 

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー