Back to Top Page
    

ピアッツァ輸出史 その他の国々 

   

 US仕様のImpulseはこちら、UK仕様はこちら。ここでは英米以外を扱います。なお、赤文字で書かれているところは、後に某氏よりいただいた追加情報です。

 

Norway


 UKで販売を開始した1986年2月に、北欧にも輸出を開始。輸出第一弾はノルウェー向け200台で、西独コンベスコ・ビークル・サービス系列のディーラー網を活用して販売(日経産業新聞 1986.2.13朝刊)されたが、以後どうなったかは全くもってわからない。[追記] 現地の人によるととてもレアな存在だと言うことです。下記の写真は中古で売りに出された1987年式。

 


   

Australia

 ピアッツァの輸出は、香港や東南アジアに向けて1982年には開始されたようである。Motor Manual誌の1982年3月号には、香港で販売されたピアッツァの試乗記が掲載されている。販売店はTriangle Motors Limitedで、販売価格はHK$112,600である。「Why else would they have one on their product test fleet.」と、はっきりFord Australiaはピアッツァを脅威と見たようだ。

 下記は、ピアッツァの記事が掲載された1983年10月のModern Motor誌。この段階でホールデン社を通じたオーストラリアへの輸出が決まっていたようである。また、既にホールデンの主力ディーラーSuttons Chullora社による並行輸入で販売もされていた(1982年モデルの広告あり)。並行輸入の開始は1982年?。

 「日経産業新聞」の1984年8月20日号が、いすゞ自動車は米国に続いてGMのオーストラリアの子会社GMホールデンに対しても輸出を開始する、と伝えている。

 ピアッツァのオーストラリアへの輸出は、Holdenの販売網を使って1986年7月に販売開始された(情報源1)。発表は1986年4月?(情報源)。輸出されたピアッツァはXEターボがベースなのだが、何かおかしい。まず、Impulseやターボ車(JR120)用の5マイル・バンパーではなくJR120用の小型バンパーが装着されている。フロントグリルにはIsuzuマークではなく、Holdenエンブレムが着き、リヤーガーニっシュはHolden専用。ドアミラーはボディー同色。内装はデジタルメーターとHoldenエンブレムのA字型ステアリング・ホイールが装着されている。デビュー当時の記事をAutoSpeed誌で読むことができる(情報源3情報源4)。また、オーストラリアの自動車雑誌掲載の記事はこちら

  後に追加された限定車に小型バンパーに無理やり純正エアダムを装着したモデルがあるそうですこれかな?)。オーストラリアでは残念ながらhandling by LOTUSは投入されなかった。

  • Modern Motor 1982.2  Test: Isuzu Piazza
  • Motor Manual  1982.3  The General’s Alternatives- Isuzu Piazza or Opel Monza
  • Modern Motor 1983.10  FEATURES: Isuzu Piazza- Holden’s hope
  • Wheels 1986.1  Features: Tokyo Motor Show, Piazza comvertible
  • Wheels 1986.4  [Other pictures/Small stories]  Holden Piazza
  • Modern Motor 1986.7  Holden Piazza Turbo versus Mazda RX7 Sport versus Toyota Celica road test comparison
  • Wheels 1986.7  Comparisons: Toyota Celica vs Alfa Romeo GTV6 vs Mitsubishi Starion vs Holden Piazza vs Toyota Supra vs Mazda RX7 vs Nissan 300ZX 
  • Car Australia 1987.3  Road Test: Holden Piazza
  • Modern Motor  1994.2  Worst 10 Cars in Recent Memory: Holden Piazza

  Holden Piazzaを所有される方のHP  HP  Australian Piazza Club 

   

Switzerland

 

 1987年2月の段階では、スイスには輸出されていない。ジェミニが同年の3月前半のジュネーブ自動車ショーに出品するのを機に販売する予定であった。スイスを手始めとしたジェミニの欧州市場参入は、フランス、イタリア、英国が何らかの輸入規制を行っているのと、西独がオペル社の本拠地という事情からだが、GMグループのオペル社のモデルと競合しないためにスイスとなった(「日本経済新聞」 1987.2.10 朝刊)。その後、スイスの卸売り会社はERB社となった(「日経産業新聞」 1987.9.25)。

 以上はジェミニの話しだが、ピアッツァの販売が開始されたのは、1987年10月にロンドン自動車ショー以降と思われ、投入されたのは、handling by LOTUSである。上記のカタログの記述は多言語国家のスイスらしく、仏独伊の3語併記である。[追加情報] handling by LOTUSの前に、XEベースのモデルが投入されている。スイス仕様は、イタリア仕様の前に輸出開始されており、イタリア仕様がパーツカタログ上では1986年11月から生産開始されていることから、それ以前となる。

 *スイスでの販売開始は1987年5月からで、1987年12月までに販売されたのはピアッツァ 356台、ジェミニ 1,295台、アスカ 36台が販売された(「日刊自動車新聞」 1988年2月13日)。


  スイスでピアッツァを所有する人のサイト
 

 「日刊自動車新聞」 1988年2月13日では、「いすゞ自動車がEC全域へ乗用車輸出」するという記事が掲載されているが、ピアッツァのEC諸国への売り込みはそれ以前から行われていたようである。下記は1987年9月に印刷された欧州向けの販売促進用カタログである。持っている方に見せてもらったら、ピアッツァ・ネロ5とイタリア仕様に採用されたセンターコンソール上段のベゼル(デジタル時計)が掲載されていました。

 

   

Italy


 いつ販売されていたかのかは、現時点では不明。JR East Japanによれば、1986年6月7日からヤナセで販売開始されたピアッツァ・ネロ発売5周年記念限定車Piazza Nero5(XSベース)にイタリア仕様車のセンターコンソール上段のベゼルが流用されたとのことなので、ノルウェーに輸出開始された(1986年2月)後か?。スタイリングに関しては、『いすゞ自動車50年史』 (1988.4)掲載の写真 (p. 432)によれば、左ハンドルで、ハーフリトラクタブル(アイリッド付)の角型4灯ヘッドライト、アルミホイールは1984年当時のターボXE、XS用が使用されている。フロントグリルにはISUZUマーク。おおよそアメリカ輸出仕様車(インパルス)と同じである。詳細をご存知の方ご教示下さい。[追加情報] 1986年秋に、イタリアで認証と品質調整、及びスイスで認証打ち合わせが行われた(ようです)。イタリア仕様車は'87型から投入。順番はスイス仕様車の次である。なおイタリア仕様車の特徴は、フロントブレーキローターの径がノーマルのJR120に比べ9mm広くなっている。 これはアルプスの急峻な斜面を降りる際、ブレーキのフェードが懸念されたからで、以後EC仕様車にはこのブレーキが使用されている。パーツカタログ上では1986年11月から生産開始されているので、86年暮れか87年初頭に掛けての事と思われる。インパネ内部に何かのインジケータ(緑のランプ)を追加しただけで、ほぼ国内仕様と同じようです

 
  • "La Isuzu scende in <<Piazza>> Quattroruote (1987.1)  p. 113
  • "Le Piace soprattutto il misto : al volante della Isuzu <<Piazza>> Quattroruote (1987.2) p. 124-125
  • "Isuzu Piazza Turbo," Starter, No. 15 (22 lugulio 1987)
  • "Maserati Biturbo si Contro Isuzu Piazza" Auto Oggi No. 23 (1987)

 

   

New Zealand


 ニュージーランドへの輸出は、オーストラリアと同じHoldenだと思われるが、よく分かりません。右ハンドルの国だから、日本仕様がベースなのだろう。
   

Saudi Arabia


はっきり言って全然分かりません。

[追加情報] サウジアラビア仕様車は水温計の表示が変更されている。  (向こうは気温が高いので水温計が常時上目を指し、機能的に問題が無くてもオーバー  ヒートと勘違いされる為)。

  

Sweden


  1989年からどうも1〜2年販売された形跡が出てきた(情報源)。[追加情報] スウェーデン仕様は、いすゞ社内で1988年8月にスイス仕様車での投入が決定された。下の写真は、売りに出された中古車の写真を勝手に・・・(I'm very sorry)。もちろんhandling by LOTUSです。情報お待ちします。

 

 スウェーデンでピアッツァを所有する人のサイト

 中古車サイトで見つけたピアッツァ  Piazza2台

 

  • "Isuzu Piazza XE"  Automobil 1982.10 

 

Link

 

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー